菊地クリニックイメージ
HOME>ケース別治療法

ケース別治療法

1本の歯を失った場合
最も一般的なインプラント方法で、失った部分に1本だけ埋入します。
ブリッジのように両サイドの歯を削らずに済む点がメリットといえます。
また、噛む際に歯ぐきにいい刺激が加わるので、顎の健康を保てます。

1本の歯を失った場合 after 1本の歯を失った場合

1本の歯を失った場合
奥歯を含めて複数の歯を失った場合
数本の歯を失った場合や歯のない部分が広い場合、部分入れ歯を用いるのが通常でした。しかし取り外し式の部分入れ歯は、残りの歯と、歯のない歯ぐきで支えらければならず、負担がありました。
インプラント治療の場合、インプラントを支えとした固定式なので、安定します。

奥歯を含めて複数の歯を失った場合 after 奥歯を含めて複数の歯を失った場合

奥歯を含めて複数の歯を失った場合

全ての歯を失った場合Ver.1
入れ歯は通常、歯のない歯ぐきで支えざるを得ませんでした。しかしインプラント治療の場合は、インプラントのヘッドに維持を求め入れ歯を固定する事ができる為、 食事や会話時に入れ歯がずれてしまうようなことがありません。最近はインプラントとマグネット(磁石)を組み合わせた方法が注目されています。

インプラント・バータイプ インプラント・マグネットタイプ 全ての歯を失った場合

問い合わせ